17

相愛

私達は同い年。


一緒にはならなかったけど

再び愛し合う仲になった。



逢っていなくてもお互いの

頭の片隅にはずっと居た。



彼は以前と同じように私を求めてくれた。

私も以前と同じように彼に溺れた。



恋と言えるほど純粋なものでもなく、

婚外恋愛と言うほど純愛でもない。



以前の私達はこの関係を

良いとこ取りで良いと思っていた。



いつも一緒にいるとダメになるから、

だからこれで良かったんだと

二人で現実的に話したりもした。



だけど健康面の事だったり、

逢った時の安心感だったり、

若かった時とは何かが違う。



私達も取り巻く環境も全てに

時が刻まれて変化する。



先々何が起こるかはわからない。



ただひとつだけ不変なのは

私達が相愛であるということ。



お互いに特別な何かを感じている。



二人で支え合えると信じてる。